実印 作成 安い

 会社実印を ネット通販 で安く 作成する

はじめまして、50代前半のT といいます。
都内、新宿区中落合で室内装飾の会社を経営しています。

 

この度、息子が新しく立ち上げたネット通販会社の実印を作ろうと思い、いろいろと探しました。
注) 印鑑を役所で登録すると実印になります。

 

私は20代の時に、印鑑(実印)をつくりました。
あの頃は、インターネットがなかったのでハンコ屋さんで作成しました。

 

今回はネットのハンコ屋さんを利用して印鑑(実印)を作成しましたが、とにかく、値段が安いです(*^^*)
利用したところは、印鑑の窓口です。
印鑑の窓口の小さいイメージ

 

値段が安いので、どんなものが送られてくるかと思いましたが、予想していたより、はるかにいいです。

 

いろいろと値段を比較しました。
値段が一番お値打ちなものをお探しの方には参考になると思いますが、その時のことをお話します。

 

 法人化 するので実印 が必要

実印をつくりたい息子

息子が、室内雑貨をネット通販で販売しています。
都内の千代田区にある四年生大学を卒業して就職しました。

 

5年ほど勤めた後、退職。 家業を手伝い、ネットで販路を広げるために頑張ってくれました。
自社サイトを立ち上げ、楽天とアマゾンにも出品していますが、そこそこ売れています。

 

欧米・東南アジアから仕入れたものを扱っていましたが、この度、自社ブランドをつくることになりました。
国内の工場に委託して、デザインどおりに商品を作ってもらい自社製品として販売します。

 

実印をネット通販で買う

最初は、売れるかどうかわかりませんので、限られた数量のみの委託生産しておりました。
しかし、ネット通販サイトを立ち上げると、状況が変わりました。
個人様だけでなく、各地の小売業など法人様からの問い合わせも受けるようになったのです。

 

従業員を数人ぐらい雇うぐらいの売上はありますので、この度、法人化することになりました。
会社登録をしないといけませんが、法人設立のための印鑑が必要です。

 

 ネット通販 で 印鑑 を注文しました

実店舗で印鑑を作成するか迷いましたが、ネット通販の印鑑販売を利用しました。

法人の実印角をネットで安く作成する

検索すると、いろいろと印鑑を販売しているサイトがあります。

 

息子が調べた中で最安は、【印鑑の窓口】でした。
会社設立3本セット (黒水牛製) 8580円 送料無料です。

 

他のネットストアと比較しても、数千円ほど安いです。 (2017年春の時点)
口コミなどを見ると、他店より数千円ほど安いと書き込まれていたので、やはり、そのようです。

 

 

実印が安い印鑑の窓口のイメージ

 

>> 印鑑のまどぐち公式サイトへいく

 

とにかく、値段を最優先で決めたので印鑑が届くまで心配でした。
注文した印鑑は、黒水牛製 三本セットです。
他にも、チタン製など幅広くいろいろな素材の印鑑を選べるようになっています。

 

注文して二日後には、会社設立三本セットの印鑑が届きました。 早いです。
シロウトの目には、印鑑はキレイに仕上がっておい、見た目が安っぽいとかいうことはありません。 

 

お得な印鑑

私は、ちょうど28年前に法人印を作ったことがあります。

訪問・店頭販売で印鑑を作成したのです。

 

その時作成した印鑑と比べても、品質的に劣るということはありません。
値段一択で選ぶなら、【印鑑の窓口】ということになります(^^)

 

 会社設立三本セットとは

法人の実印三種類の違い

印鑑を販売している通販サイトは、起業時に必要な法人印を三本セットで割引販売しています。
右のような写真のタイプの三本セットにケースがついていることが多いです。
(右から、寸胴 会社実印、天丸 会社銀行印、天丸 会社角印と呼ばれます。)

 

下で説明する三本が、一般的で必要になります。

 

● 実印  → 法務局に行き、実印として登録します。 会社を登記する際に必要となります。
● 銀行印 → 取引銀行に届ける印鑑です。
● 角印 → 社内・社外の文書に社名と一緒に押される印鑑です。

 

以上、三点が一般的です。

 

 印鑑作成 ネット通販 価格比較

私が注文するときに、いろいろと調べたデータがあります。(2017年夏)

法人の実印三本セット

表にしてありますので、参考にしてください。 会社設立三点セットの価格比較です。

 

右の天丸三本の構成です。 (ケース付き)
※ 天丸とは、印鑑の形が、「ひょうたん型」のことをいいます。

 

販売サイトによっては、微妙にサイズが違ったりと、同じ基準で比較てきないところはあります。
値段のレンジを見れば、どのサイトがお値打ちな印鑑を作成・販売しているか分かります。

 

「16.5mm 18mm 21mm」 は、実印 16.5mm 銀行印 18mm 角印 21mm という意味です。

 

 黒水牛 会社設立三点セット 価格比較

突然、セット内容・価格が変更になっている場合があります。
詳しくは、公式サイトで確認してください。
価格は、すべて税込みです。 送料無料

 

ネット通販業者・公式ページ

実印・銀行印・角印(各サイズ)

価格

法人の実印一番安い 印鑑の窓口 → 公式サイトへ

16.5mm 18mm 21mm (24mmなし) 8580円(税込み)
アスクル → 公式サイトへ

18mm 16mm 21.5mm (24mmなし) 39960円(税込み)
職人工房 → 公式サイトへ

18mm 15mm 21mm + ゴム印 24948円(税込み)
平安堂 → 公式サイトへ

18mm 18mm 24mm 67392円  (税込み)
法人の実印三番目に安い Inkans.com → 公式サイトへ

18mm 16mm 24mm 14780円  (税込み)
法人の実印二番目に安い SUPERHANKO → 公式サイトへ

18mm 18mm 24mm 13930円  (税込み)
ハンコワークス → 公式サイトへ

18mm 16.5mm 24mm 16476円  (税込み)
印鑑の匠 → 公式サイトへ

18mm 18mm 21mm 26720円  (税込み)
ハンコヤストア → 公式サイトへ

18mm 16.5mm 21mm 17800円  (税込み)
会社印鑑 → 公式サイトへ

18mm 18mm 24mm 19500円  (税込み)
はんこdeハンコ → 公式サイトへ

18mm 18mm 24mm 18500円  (税込み)
いいはんこや → 公式サイトへ

18mm 18mm 24mm 18840円  (税込み)
ハンコヤドットコム → 公式サイトへ

18mm 16.5mm 24mm 23280円  (税込み)

「印鑑の窓口」と「アスクル」には、角印 24mm はなく、一番大きいサイズは、21mm です。 (2017年夏)

 

法人の実印丸をネットで安く作成する

価格が高いものは、ケースが少し立派だったり、印鑑にデザイン性があるようです。
各業者によって微妙に印鑑のサイズや形が違うので、同じ条件で比較はできません。

 

印鑑のおじさん
価格帯を見ると、やはり「印鑑の窓口」が最安の傾向は強いです。 明らかにお値打ちな金額です。
二番目は、Inkans.com
三番目は、SUPERHANKO

 

業者によっては、印影にヴァリエーションをあったり、職人が一つづつ手作りをセールスポイントにしているところもあります。
(ただし、そのぶん値段が高くなる傾向があります。)

 

 28年前に 印鑑(実印) を作成した時の はなし

実印を作成して押す

私は、28年前に、会社を立ち上げました。
その会社が、室内装飾一般を扱う会社です。 総合商社といったほうが分かりやすいかもしれません。

 

壁紙、タイル、照明、オブジェ、天井材、床材、、、、などを低価格 〜 ハイエンドなものまで扱います。

 

その時は、インターネットはありませんので、実印は訪問販売で作成・購入しました。
印相と画数をみてもらい、印鑑の素材は、長く使うものだから、そこそこ良いものを、、、という感じです。

 

一番値段の高かったものは、象牙で、二番目が黒水牛でした。
印鑑の素材と、だいたいの印影が決まったら、あとは、相手に任せて印鑑を作成してもらいます。
黒水牛製の 実印 銀行印 角印の三本を注文し、45000円ほど支払いました。

 

私がもつハンコ屋さんのイメージは、店主が手彫りで作成してくれ、値段が高めで職人気質で、、、、という感じです。
あの時代は、印相は家運につながるとよく言われてました(・_・)

霊感商法で印鑑を売る


霊感商法じゃありませんが、、、(*_*)
※ 若い人には初耳かもしれませんが、家相・印相で相手の不安につけこみ、高額な値段でツボや印鑑を売りつける商法を霊感商法と言って騒がれた時代がありました(^_^;)

 

印鑑は、役所に行って印影を登録して実印にするわけですが、結局、印鑑は実用品なんですよね(^^)
結局、値段が高いからいいというわけでなく。

 

 インターネットで 注文する 法人印

今回の実印(法人印)の注文は、息子に任せていました。

 

インターネットで法人印を作成すると聞いたとき、
「おい、ネットで注文して実物を見なくて大丈夫なのか?」というのが、私の第一印象でした。

 

重要なところ
しかし、心配することは何もありませんでした。

印鑑の窓口を配達してもらう

● 印影は、メールで送られ、了解した後に、印鑑を作成してくれる。
● 10年保証 (無料で彫りなおしてもらえます!)
● 日本製 (国内自社工場で日本人の手で作成されます。)
● お客様専用 電話でのサポートあり

 

28年前は、インターネットがありませんでした。
印鑑の注文は、おまかせで作成してもらいます。
作成したら、それで終わり、彫りなおしなどありえませんでした。

 

それに比べたら、受け取ってからのサポートもありますし、10年保証もついています。
10年保証といっても破損・壊れるようなものではありませんので、まず安心だと思いますが、10年と聞くと安心します。

 

ホームページには、年間販売 2000社の実績とありました。
「大丈夫だろう」ということで注文したのですが、これなら売れるわけだと納得しました。